美髪情報を発信中!

一週間で色落ち!?カラーリングを長持ちさせる7つの方法

2020/11/24
 
一週間で色落ちさせないカラーリングを長持ちさせる方法

この記事を書いている人 - WRITER -
美髪情報を発信!円形脱毛症をきっかけに髪の大切さを痛感。今は綺麗な髪になれる情報を発信しながらヘアドネーションをめざしています。 同じように美髪をめざす人の役立つ情報やレビューをたくさん発信していきます。
美髪になりたい女性
美髪になりたい女性

この前カラーリングしたのにもう色落ちしたんです。
まだ一週間しか経ってないのに…ショック!!(;;)

それは落ち込みますね…
せっかく染めたんだからキレイに長持ちさせたいですよね!
今日は家でできる「色落ち対策」お伝えしますね!

美髪の女性
美髪の女性

このページは

色落ちを防ぐ!カラーリングを長持ちさせる方法

について書いています。

美髪の女性
美髪の女性

自宅でできる対策ばかりです。
定期的にヘアカラーをする人はぜひご覧ください。

一週間で色落ちする原因

一週間で色落ちさせないカラーリングを長持ちさせる方法

カラーリングとは、髪の中に色素を入れること。

そのため、シャンプーで洗い流されたりドライヤーの熱で色素が壊れたりしてしまいます。
髪のことを考えて頑張ってるつもりでも、実は色落ちの原因になることもたくさん。

私たちが思ってる以上に、色素は簡単に抜けてしまうんです。

美髪の女性
美髪の女性

色落ちの原因はおもに3つ。


  1. シャンプー
  2. トリートメント

これから説明するカラーリングを長持ちさせる方法は、すべてこの3つに関わること。

毎日つかうアイテムだからこそ、きちんと使いこなしてカラーリングを長持ちさせましょう。

美髪の女性
美髪の女性

では具体的にカラーリングを長持ちさせる方法をお伝えします。

カラーリングを長持ちさせる7つの方法

一週間で色落ちさせないカラーリングを長持ちさせる方法

カラーリングを長持ちさせる方法は7つ!
ぜひ今日から実践してみてください。

美髪の女性
美髪の女性

すべて自宅でできることなので簡単♪

 カラーリングを長持ちさせる方法

  1. カラーリング当日はシャンプーをしない
  2. ぬるま湯で洗う
  3. 髪に優しいシャンプーを使う
  4. トリートメントを長く置かない
  5. 洗い流さないトリートメントを使う
  6. すぐに乾かす
  7. アイロンやコテを使いすぎない

順番に説明します。

 1.カラーリング当日はシャンプーをしない

カラーリングをした日はシャンプーを控えましょう。

できたら次の日もシャンプーはやめた方が良いです。

理由は「色素が入るのに24時間かかるから」

どうしても洗いたい場合は、ぬるま湯で湯シャンを。
(熱くなりすぎないよう低温でサッと流しましょう)

美髪の女性
美髪の女性

実は、色落ちナンバーワンの原因は「シャンプー」
と言っても過言ではないんですよ。

 2.ぬるま湯で洗う

いつの間にかシャワーの温度が高くなっていませんか?
寒い冬はとくに。

これ、髪にも色持ちにも最悪です(><)

熱いお湯だとせっかく入れた色素が流れてしまいます。
髪や頭皮の乾燥にもつながるので注意しましょう。

シャワーは「ちょっとぬるいかな?」と思う36~38℃が正解。
(→美髪になる!髪を洗う適正温度

 3.髪に優しいシャンプーを使う

シャンプーは髪に優しいものを使いましょう。
(=洗浄力の弱いもの)

洗浄力が強いとカラー剤も流れてしまいます。

そもそも、髪は洗えば洗うほど色落ちするもの。

仕方ないにしても選ぶものによってはカラーの色落ちレベルは変わります。
だからシャンプー選びはとても大切。

サロンで聞くのも良いし、ネットにもたくさんあるので慎重に選んでください。

下のサイトならカラーが長持ちするカラーシャンプーが購入可能です。


 4.トリートメントを長く置かない

トリートメントを長く置くと、カラーの色落ち原因になってしまいます。

なぜなら、「放置中は髪に栄養が入ると同時に、カラー剤が流れるから」

トリートメントは長くても10分まで。

そのあいだ半身浴をしている人は注意してくださいね。
(→【置きすぎ注意】トリートメントを洗い流す時間

 5.洗い流さないトリートメントを使う

洗い流さないトリートメントは、キューティクルを整え保護してくれます。
ドライヤーの熱からも守ってくれるので、ぜひ使いましょう。

髪を守ることによってヘアカラーの色落ちも防ぐことができます。

カラーリングを長持ちさせたい場合は、コーティング力の高いオイルタイプがおすすめ。

 6.すぐに乾かす

濡れた髪はキューティクルが開いているので、そこから色素が出てしまいます。

髪にも悪いので「すぐに」「しっかり」乾かしましょう!

しっかりと言っても、乾かしすぎないこと。
余熱でも髪は乾くので、その手前でストップしてください。

 7.アイロンやコテを使いすぎない

オシャレが好きな人には厳しい対策ですが…

アイロンやコテは使いすぎないようにしましょう。

髪は熱に弱いもの。
単純に髪を傷めるだけでなく色落ちもさせてしまいます。

使う場合は、なるべく低温(120度くらい)で3秒以上プレスしないこと。

髪がダメージを受けると、入ったカラー剤がむき出しになりシャワーで簡単に流れてしまいます。

色落ちしにくいカラー(暖色系VS寒色系)

暖色系と寒色系はどちらがカラーリングが長持ちするか
美髪の女性
美髪の女性

せっかくなら、色落ちしにくいカラーにしてみませんか?

カラーの種類によって違うんですか?
ぜひ知りたいです!

美髪になりたい女性
美髪になりたい女性
 暖色系か?寒色系か?

基本的に暗いカラーは色落ちしにくく、明るいカラーは色落ちしやすいもの。

では暖色系と寒色系だとどうでしょう?

カラーを長持ちさせたいなら…

暖色系を選びましょう!

 色落ちしにくいカラー

長持ちさせたいなら赤やオレンジの暖色系がおすすめ。
寒色系よりカラー剤の粒が小さいので、しっかり染まります。

 暖色はカラー長持ち ●赤
●ピンク
●オレンジ

◎赤・ピンク系
◎ブラウン系
◎バイオレット系

美髪の女性
美髪の女性

暖色系の色はお湯に弱いので、シャワーの温度に気を付けましょう。

 色落ちしやすいカラー

寒色系はカラー剤の粒が大きいので、髪の内部に浸透しにくいです。
ですので暖色系より色落ちしやすいカラーといえます。

 寒色はカラーが抜けやすい ●ブルー
●グレー
●緑

△マット系
△アッシュ系

美髪の女性
美髪の女性

寒色系の色は熱に弱いので、ドライヤーやアイロン、コテに注意しましょう。

まとめ

美髪の女性
美髪の女性

以上です。最後に簡単にまとめます。

カラーを長持ちさせるには7つの方法がある。

 カラーリングを長持ちさせる方法

  1. カラーリング当日はシャンプーをしない
  2. ぬるま湯で洗う
  3. 髪に優しいシャンプーを使う
  4. トリートメントを長く置かない
  5. 洗い流さないトリートメントを使う
  6. すぐに乾かす
  7. アイロンやコテを使いすぎない

どれも自宅でできる対策なので、ヘアカラーをした一週間は特に気を付けてみてください。

また、カラーを長持ちさせたいなら暖色系がおすすめ。
美容院に行ったらちょっと意識してオーダーしてみてください^^

おすすめ関連記事
【レビュー】ウエラの白髪染め、使ってみた!(写真あり)
【シャンプーのすすぎ方】上向き?下向き?正しいのはどっち?

この記事を書いている人 - WRITER -
美髪情報を発信!円形脱毛症をきっかけに髪の大切さを痛感。今は綺麗な髪になれる情報を発信しながらヘアドネーションをめざしています。 同じように美髪をめざす人の役立つ情報やレビューをたくさん発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 髪は女の命だった‥ , 2020 All Rights Reserved.