シャンプージプシーはここでストップ!

【置きすぎ注意】トリートメントを洗い流す時間

2022/07/07
 
トリートメントを流す女性

この記事を書いている人 - WRITER -
美髪情報を発信!円形脱毛症をきっかけに髪の大切さを痛感。今は綺麗な髪になれる情報を発信しながらヘアドネーションをめざしています。 同じように美髪をめざす人の役立つ情報やレビューをたくさん発信していきます。

トリートメントってどれくらいで洗い流せばいいんだろう?
そう思ったことはありませんか?

一応メーカーによって5分や10分などめやすはありますが、せっかくならトリートメント効果を最大限に活かしたいですよね。

このページではトリートメントを洗い流すまでの正しい時間をご紹介します。

さくら
さくら

正しい時間を知って美髪へグッと近付きましょう☆

トリートメントを洗い流すまでの時間

トリートメントを流すまで時間を置く女性

まずは答えからお伝えします。
トリートメントを洗い流すまでの時間は…

「5分」が正解!

もちろんメーカーによって違います。
でも特別に指定がなければ5分でOK!

もっと細かく言うと、5分~10分!
長くても10分までにしてください。

それ以上置いても、より多くの栄養成分が浸透することはありません。

さくら
さくら

とはいえ長く置いた方が効果ありそうって思っちゃいますよね‥

でも実はそうでもないんです!
その理由は?

洗い流すまでの時間が〇分の理由

トリートメントを流すまで時間を置く女性

トリートメントは洗い流すまで長く置けば良い!というものではありません。

なぜなら…
トリートメントの浸透力には限界があるから。

トリートメントは浸透する栄養分が決まっています。
髪に栄養が浸透したら何時間置いても効果は変わらないのです。

長く置くと意味がないどころか、逆に髪や地肌に悪影響を及ぼすことさえあるんです!

さくら
さくら

トリートメントを置きすぎると、こんなトラブルがあります

髪のベタつき

トリートメントの成分(おもに油分)がベタつきとして残ります。
そのせいで髪全体が重くなりセットがしにくくなる場合も…

頭皮や皮膚の炎症

トリートメントが頭皮に付くと、毛穴をふさぎ炎症やかゆみのトラブルになる可能性があります。
ほかにも背中やうなじに肌荒れを起こす場合もあり。

カラーの色落ち

実はトリートメントを置きすぎるとカラーの色落ち原因にもなるんです。
せっかく染めたのに色持ちが悪くなる…
ショックですよね。

トリートメントを洗い流すまで長く待っても意味はありません。
適切な時間(5分~10分)を守りましょう。

さくら
さくら

正しいトリートメントの付け方はこちら!

正しいトリートメントの付け方

正しいトリートメントの付け方は4ステップ。
これをマスターしてトリートメント効果を高めましょう!

トリートメントの正しい付け方

  1. 髪の水気をしっかり取る
  2. トリートメントを付ける
  3. コームでとかす
  4. 5~10分置いて浸透させる

順番に説します。

1.髪の水気をしっかり取る

シャンプーのすすぎが終わったら水気をしっかり取りましょう。
(タオルドライすると尚よし)

髪に水分が残ったままだとトリートメントが薄まり浸透が悪くなってしまいます。

めやすは→髪を握っても水分が出てこないくらい

この状態だとトリートメントがしっかり吸収されます。

2.トリートメントを付ける

トリートメントはダメージのある毛先から付けます。

手ぐしをしながら中間へと伸ばしましょう。

根元はダメージが少ないので塗らなくてOK。ベタつきが残ったり毛穴に詰まったりトラブルの元になります。

3.コームでとかす

髪の毛1本1本にトリートメントを浸透させるため、ぜひコームを使いましょう!

このとき使うのは「目の粗いコーム」

細かいものを使うとトリートメントを絞りとってしまうので要注意!

このひと手間だけでトリートメントがしっかり広がり効果もアップします^^

100均にもあり☆
【100均】セリアのジャンボコームが濡れた髪やお風呂上がりにおすすめ!

4.5~10分置いて浸透させる

トリートメントを浸透させるため5分~10分待ちましょう。

待ちすぎ厳禁!
何十分待っても意味はありません(xx)

洗い流すまでの時間は長くて10分!

そして最後のすすぎは「手のヌルヌル感がなくなるまで」しっかり!

すすぎが十分でないと髪や頭皮のトラブルになります。

ワンポイントアドバイス

ここでもっと効果を上げたい人にちょっとしたアドバイス!それは…

蒸しタオルを使おう!

トリートメントを付けて蒸しタオルをする女性

やり方は簡単!
タオルを熱いお湯でしぼり髪をつつみ込むだけ。

髪を温めるとトリートメントがよく浸透します。

髪の乾燥やダメージが気になる人は、ぜひ蒸しタオルを使いましょう!

それだけでトリートメントの浸透力がアップして効果が高まります!

トリートメントの洗い流す時間を延ばすより、こちらの方が効果は上♪
(シャワーキャップでもOKです)

【!注意!】
ヘアカラーをしたばかりの人は色落ちの可能性があるので要注意。
カラーから3週間は待ちましょう。

【マル秘テク】もみ込みの法則

さくら
さくら

ここで面白い法則をご紹介します。

トリートメントは時間を置いた方が効果があることは分かりました。

でも、その時間よりももっと大切なことがあるんです。

それが…

揉み込むこと!

さくら
さくら

実はトリートメントは、数分置くよりもみ込む方が効果が高いんです!

これは、揉み込むことでトリートメントが髪の内部にしっかり浸透するから。

数分置くよりも30秒しっかりもみ込む方が効果が高いんです!!

これを「もみ込みの法則」と言います。

トリートメントを置く時間は大切ですが、こだわり過ぎなくてOK。

大切なのは「しっかり浸透させること」です。

さくら
さくら

あなたに思い出して欲しいのが、美容院に行ったとき。

美容師さんがトリートメントを「ぎゅっぎゅっ」とやっていませんか!?

アレです!あれがもみ込みの法則です!

美容院ではさすがに10分待てませんよね…

でもあの揉み込みで効果倍増!
短時間で高い効果が得られているんです!

さくら
さくら

私も毎日ぎゅっとやっています^^
(もちろん10分放置も)

ぜひ皆さんも意識してみてください。

まとめ:トリートメントを洗い流す時間で髪は変わる

以上、トリートメントを洗い流す時間についてでした。
最後にまとめます。

トリートメントを流すまでの時間は5~10分。

※必要以上に待っても意味はない
※それどころかトラブルの元になる

トリートメントの正しい付け方

  1. 髪の水気をしっかり取る
  2. トリートメントを付ける
  3. コームでとかす
  4. 5~10分置いて浸透させる
 2つのポイント ・蒸しタオルで髪を温める
・もみ込む > 置く時間

ぜひ今日からトリートメントを置く時間、意識してみてください☆

おすすめ関連記事
【ランキング】ダメージケアシャンプー5選
【使ってみた感想】ヒトヨニ リラクシングクリームケア(洗い流さないトリートメント)

この記事を書いている人 - WRITER -
美髪情報を発信!円形脱毛症をきっかけに髪の大切さを痛感。今は綺麗な髪になれる情報を発信しながらヘアドネーションをめざしています。 同じように美髪をめざす人の役立つ情報やレビューをたくさん発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 40代おうち髪質改善 , 2020 All Rights Reserved.