シャンプージプシーはここでストップ!

【髪質改善】水質で髪は変わる!おうちでできる髪質改善(実体験あり)

2021/03/19
 
シャワーの水質で髪の毛が綺麗になった女性

この記事を書いている人 - WRITER -
美髪情報を発信!円形脱毛症をきっかけに髪の大切さを痛感。今は綺麗な髪になれる情報を発信しながらヘアドネーションをめざしています。 同じように美髪をめざす人の役立つ情報やレビューをたくさん発信していきます。

こんな経験ないですか?

  • 海外旅行したら髪がギシギシになった!
  • 帰省したらいつも髪がキレイになる
  • この旅館のシャワー、なんかイイ!

きっと海外旅行で髪ギシギシは分かる人多いですよね。
(私もあります)

じつはそれって水質が大きく関係してるって知っていましたか?

お肌はもちろん髪には水質がとっても大事と知ったので、今回はくわしく調べてみました。

さくら
さくら

日本国内で一番水質が良いのはどこでしょうか!?

水質で髪の毛は変わる!

水質と髪の毛の関係

断言します。

水質によって髪の毛は変わります。

さくら
さくら

これは自分自身の経験からも言えること。

水を変えるだけで髪も大きく変わるってことをぜひ知っておいて欲しいです。

美髪に良い水は欠かせません。

場所によって水質は変わる

いつもと違う場所でシャワーに入ると「髪がちがうな~」って感じることありませんか?

とくに海外旅行。
髪めっちゃギシギシになりません!?

逆にいつもより髪がキレイと感じることも。

これは「水質の違い」です。

水質の違いとは?

「水に含まれるミネラル(カルシウムとマグネシウム)の量」

この違いで水質が変わるのです。

水質が変わると髪の毛はどうなる?

ミネラルが多い水で髪を洗うとこうなります。


  • 髪がゴワつく
  • 手ざわりが悪くなる
  • ギシギシになる
  • 指通りが悪くなる

そう、ミネラルは髪にとっても負担なんです。

たとえシャンプーが同じでも、水が違うだけで感触も変わります。その理由は…

髪にミネラルが付くから

ミネラルはなかなかしぶとく、シャワーをしても髪表面に残ってしまいます。

やっかいなのは髪質が悪くなるだけでなく、カラーやパーマもかかりにくくなってしまうこと。

もちろんお肌にも負担。
質の悪い水は美容にも大敵ということです。

硬水と軟水

硬水と軟水って聞いたことありますか?

これは1リットルに含まれるミネラル(カルシウムとマグネシウム)の量によって決まります。

ミネラルが多いものを「硬水」
少ないものを「軟水」と呼びます。

 カルシウムとマグネシウム量 
  • 硬水…357mg以上
  • 軟水…177mg以下

水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

引用:ミネラル量と水の硬度、硬水と軟水の違い|エビアン

日本は軟水ですが海外は硬水のところがたくさん。
髪が変わるのはこれが原因です。

さくら
さくら

日本と海外、ミネラルの量がこんなに違う!

日本と海外の水の違い

日本と海外の水質の違い

一般的に日本は硬度50~60の軟水です。
(※場所によって多少ちがう)

では海外はどうでしょう?

水質硬度
ニューヨーク軟水30
ロサンゼルス軟水90
インド硬水140
フランス硬水280
ドイツ硬水300

おおまかにはこんな感じ。
(同じ国でも場所によって違いあり)

ドイツとか恐ろしいですよね(xx)
これだけ硬度が高いと髪はギシギシ!
美髪からは遠ざかります…

ということで、海外で髪がゴワつくのは硬度が高い水だからです。

さくら
さくら

そして日本国内でも硬度は違うんです!

日本国内の水の違い

水質と髪の毛の関係を解説

こちらが日本各地の硬度。
何ヶ所かピックアップしてみました。

ちなみに日本の平均硬度は「50~60」

都道府県硬度
北海道32
秋田30
千葉81
東京65
石川44
長野47
静岡52
愛知26
大阪44
和歌山53
広島28
香川47
愛媛58
福岡60
熊本70
沖縄84

いかがですか?
同じ日本でもこんなに違うなんてビックリですよね!

さくら
さくら

髪のために引っ越したいくらいw

それぞれのベスト3はこちら!

 硬度が低い場所 
  1. 愛知 26
  2. 山形 27
  3. 広島 28
 硬度が高い場所 
  1. 沖縄 84
  2. 千葉 81
  3. 埼玉 75

九州は全体的に硬度は高め。
でもベスト3には千葉と埼玉の関東群が入る結果となりました。

髪のために愛知に引っ越したい!と思っちゃいました。笑
(愛知は美髪の人が多いのかな?)

さくら
さくら

ちなみに私は大阪なので硬度44。

高くも低くもない数値。

でも実は、過去に「大阪の水の良さ」を実感したできごとがありました。
(さすが水の都!)

【私の実体験】髪が違う!!!

東京と大阪の水質の違いと髪の毛の関係
さくら
さくら

それでは私の実体験をご紹介します。

私の地元は大阪ですが過去に6年、東京に住んでいたことがありました。

GWや年末に毎年帰省していたのですが、そのときに気付いたのです。

なんか髪の毛が柔らかい!と。

私の実家はそれはそれは安いドライヤーを使っています(笑)
もちろんシャンプーもドラッグストアのもの。

正直、それで髪がキレイになるとは思えません。
逆にゴワついてもおかしくない。

でも実家に帰省するたび私の髪の毛はとってもイイ感じ♪でした。
ドライヤー後「髪がやわらかい!違う!」と何度も思ったのです。

さくら
さくら

当時は一応ヘアケアこだわっていました。

ドライヤーはパナソニックのナノケア。
シャンプーはサロン用。

でも大阪に帰省すると髪が違った…
あきらかに良くなっていたんです。

さくら
さくら

あれは水質の違いだったんですね。

東京の水の硬度 65
大阪の水の硬度 44

どれだけヘアケアを頑張っても水のちがいには勝てない。

水はシャンプーやドライヤーをも超える力を持っている。

ちょっと切なくなるけど…
それだけ水質は大切ってことです。

さくら
さくら

でも水をどうやって変えるの?

美髪になるための3つの水質対策

美髪になる水質

「髪のために引っ越します!」

と言いたいところですが、そんな簡単ではないということで…
自宅でもできる3つの水質対策をご紹介!

1.硬水を残さない

硬水が残っているとゴワつきやパサつきの原因になります。

髪には硬水を残さないようにしましょう。

具体的には、シャワーの最後にミネラルウォーターで流す。

少し手間ですがやる価値はあります。
このひと手間でこれからの髪に違いが出てきます。

2.しっかり保湿をする

シャワーのあとはしっかり保湿をしましょう。

日本のシャンプーはほとんどが軟水対応なので、ミネラルが多いと泡立ちが悪くなります。

泡立ちが悪いとゴシゴシこすってしまい髪のダメージにつながります。
すこしでもダメージをケアするためにシャワー後は保湿は心がけましょう。

もちろんミネラルが残らないよう水をしっかり落とすことも大切。

硬水でも泡立ちが良いアミノ酸系シャンプーを使うのもオススメです。

【ランキング】ダメージケアシャンプー5選

3.シャワーヘッドを変える

硬水を軟水に変える一番の方法は「煮沸」

煮沸させるとマグネシウムやカルシウムの量が減り軟水になります。

ただ、シャワーは煮沸できませんよね(^^;)

その場合におすすめなのが

シャワーヘッドを変えること。

さくら
さくら

取り替えるだけなのでとっても簡単!

今は軟水化機能のあるシャワーヘッドもたくさん売っています。

シャワーヘッドなら確実に水質を変えることが可能なので安心。

ミネラルの量が減ると髪はもちろんお肌にもプラス♪
美髪や美肌を目指す人にはピッタリです。

おすすめはミラブル→【必見】ミラブルで髪の毛サラサラ!?髪質は変わるか美髪効果を徹底調査!
お試しもできる→【裏ワザ】ミラブルのシャワーヘッドは設置ホテルで体験できる!

まとめ

以上、水質と髪の関係についてでした。
私の実体験からも言えますが

水質で髪は大きく変わります。

引越しは大変だけどシャワーヘッドなら気軽でカンタン。
毎日使うシャワー。ミネラルを最小限にしてツヤツヤ美髪になりましょう!

水質を変えれば髪の毛は変わる(^^)!

ミラブルは美肌にいいと有名ですが髪にも良いんです。

ミラブルプラスなら塩素を80%除去!

今なら30日間返品保証あり!
(無料でアダプタプレゼント・5年保証も付いてます)

CMで話題のミラブル plusはこちら

美髪情報満載→【必読】かならず読んでほしいページ

ポチ嬉しいです^^→人気ブログランキングへ

この記事を書いている人 - WRITER -
美髪情報を発信!円形脱毛症をきっかけに髪の大切さを痛感。今は綺麗な髪になれる情報を発信しながらヘアドネーションをめざしています。 同じように美髪をめざす人の役立つ情報やレビューをたくさん発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 40代おうち髪質改善 , 2020 All Rights Reserved.